<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

いつも、みているよ



少し前、コスモスの丘にいきました。

blogの投稿すくなすぎるこの2年程。
今も忘れずに見ていてくれている方がいらっしゃるんですよね。

会うと必ずblogに書いていた話題をふってくれたり。。。ありがたいことです。

ずーっと、こうして見ていてくれる方、というか、うちの場合は見守ってくださっている感じの方々にずーっと、支えられているのだと。

いやぁ、しあわせですわね。
年末になると、じわぁっとありがたみが沸いて来るのも毎年のことやなぁ。(≧∇≦)

なにはなくとも、これをよんでくださってるあなた様にありがとうございます♪

息子育ててる間、自分だけでは満たされようのなかった泉が満たされていきます。(擦り減っていくものもたくさんあります(笑))

次のモノ作りにつながっていく泉。

おたのしみに♪

オーダーメイド制作

久しぶりにフルオーダーメイドで服作りしました。
お菓子屋さんのエプロンです。


お客様から写真が届きましたので、掲載させていただきます。




奈良で、身体に優しいおやつとごはんを作られている『おのまとぺ』様のエプロン。

エプロンでありながら、トレードマークにもなりうるようなものとして、ワンピースと巻きスカートタイプを二枚。組み合わせで、いろいろなコーディネートで着ていただけるものになりました。

両方に大きなポケットがついているんですが、
制作中『ポケットの中からビスケットがひとつ♪』の歌が頭に流れていたので、そのイメージでまぁるいポケットを。

多分私にとっておのまとぺさんってそういう存在なんだな〜。と。
食べると、ふっと童心にかえるような、懐かしい気持ちにさせてくれるお菓子やごはんです。
 

お菓子屋さんのユニフォーム

おはようございます(^O^)


ただ今、お菓子屋さんのエプロンを制作しています。
(お菓子屋さんの衣装デザインしたいなーと考えていたら、声がかかったのです…。)
エプロン、といいますか、作業服でありながら、看板ともなるワンピース&スカートです。

素朴で、味わい深いそのお菓子みたいに、素朴でありながら記憶に残る服となるように…。


いつも制作中、集中が深すぎて、はっと我に返ると、もうできてる(笑)の繰り返しです。
その間の時間感覚は異次元のよう…(笑)

もの作りされる方は、みんなそうなんでしょうかね??

我に返ると一瞬、浦島太郎がよぎるのですが……

滋賀県の織物

先日滋賀県に用があり滞在中、そういえば有名な織物の産地だったこと思いだし、仕入れに行ってきました。

こちらの織り元さんで作られている生地、とても好みのものが多く、終始テンションの上がるわたし。(^O^)
やはり、織りを知り尽くした方に話を聞きながらの仕入れは至福。

風合い豊かな、無地を定番で使わせていただけることに。

日本の物作りここにあり、といった、
派手さはないけれど、質の高い織物。
使うほどに風合豊かに育ってくれることでしょう。
次回展示会を、お楽しみに。

旅の写真です。きれいでした

いい服は


いい服は心を満たしてくれる。
 

草和花工房の一番のコンセプト、今更言葉になりました。

いい言葉だ、そしていまさら。
作った服によって、満たされてきたのは何より自分だけど。(笑)

いつもありがとうございます。

ちゃんと制作してます生きてます。
個展でいただいたオーダー分の制作中です。