<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

松阪木綿ワンピース、アーカイブシリーズ


前回、個展分のアーカイブシリーズです。

松阪木綿(本藍染め)の生地を大胆にはぎ合わせたワンピース。
今回個展でも、
松阪木綿の布地違いで、出します。
いや〜〜、
松阪木綿を愛してやまない代表が、
大好きな布を一枚一枚つないで作っています。
なんて、いとおしい子。

そしてこの、定番の形。

アームホールや襟ぐりがちょうどいいサイズで・・・しかも楽。
自分で作った型紙ですが、これはもう殿堂入りです。
着るやいなや、
身体のラインを美しく見せてくれます!!!



4/8(Fri)~10(sun) 
ならまち 風の栖 庭小屋にて(前回と同じ場所です)
「世界にひとつの定番服」
*今回はフルオーダーの受付は休止しております。

*サイズ変更、布変更のオーダーは会期中お受けいたします。

 
会場
風の栖
630-8336 奈良県奈良市高御門町17
Tel : 0742・20・6887

草和花工房 にしむらTel 080・6162・7007

風の栖さん

会場でお世話になります、風の栖さんHPでご紹介いただいています。
こちら
こちらのお店、本当に素敵なので、
奈良街歩きの際はぜひ訪れていただきたいです!
新店舗も近くにOpenされたようです〜



4/8(Fri)~10(sun) 
ならまち 風の栖 庭小屋にて(前回と同じ場所です)
「世界にひとつの定番服」
*今回はフルオーダーの受付は休止しております。

*サイズ変更、布変更のオーダーは会期中お受けいたします。

 
会場
風の栖
630-8336 奈良県奈良市高御門町17
Tel : 0742・20・6887

草和花工房 にしむらTel 080・6162・7007

アーカイブシリーズ


こんにちは!
前回個展分の写真をHPにいまだに乗せられていなかったので、
少しずつ公開したいと思います。
すべてお客様の手に渡り、
現品はないのですが、どれも大切に制作させていただいたものです。



素晴らしく軽いウールが見つかったので、ショールにしたもの。
布を生かすことを考えに考えて、すごいシンプルな形になったもの。


今回個展はこちら


4/8(Fri)~10(sun) 
ならまち 風の栖 庭小屋にて(前回と同じ場所です)
「世界にひとつの定番服」
*今回はフルオーダーの受付は休止しております。

*サイズ変更、布変更のオーダーは会期中お受けいたします。

 

グアテマラの織物


個展dmの服に使用している生地は
グアテマラの織物(ウィピル)で、刺繍のようにみえますが刺繍ではなく、縫取り織と呼ばれる技法で織られたものです。

今回は希少性のたかいグアテマラの織物をアクセントに、
それでいながら、定番の形をベースにデザインしたシリーズになります。
日本では余りお目にかかれない生地なので、またぜひ近くでご覧くださいませ。(^-^)

2016 草和花工房個展 ご案内




こんにちは!
個展のご案内です。

4/8(Fri)~10(sun) 
ならまち 風の栖 庭小屋にて(前回と同じ場所です)
「世界にひとつの定番服」
*今回はフルオーダーの受付は休止しております。

*サイズ変更、布変更のオーダーは会期中お受けいたします。

です。!(^^)!


今回は、とても希少性の高いグアテマラの織物を使ってデザインしたシリーズです。
(DMで目立っている刺繍のようにみえる織物がグアテマラの織物です)
布好きの代表Sowakaは、
魅力的な布との出会いを大切に、それをいかに料理(仕立てる)か、と布と服のことばかり考えてますが、
そうすると、
ふとおもしろい布とのご縁をつないでいただけることがありまして。

前回個展時に、来ていただいたお客様が、
グアテマラの布とのご縁をつないでくださいました。

グアテマラの織物はウィピルと呼ばれています。
日本ではあまりお目にかかれない・・・
私が知らなかったんでしょうか?
いや、日本では布としても、とても希少ですし
さらにきちんと服になっているものはさらにかなり希少です。

そんなわけで、
どうぞお楽しみに。

では、
次回はそのグアテマラの織物についての説明を少ししたいです。(たぶん・・・)( o )