<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

アーカイブシリーズ


こんにちは!
前回個展分の写真をHPにいまだに乗せられていなかったので、
少しずつ公開したいと思います。
すべてお客様の手に渡り、
現品はないのですが、どれも大切に制作させていただいたものです。



素晴らしく軽いウールが見つかったので、ショールにしたもの。
布を生かすことを考えに考えて、すごいシンプルな形になったもの。


今回個展はこちら


4/8(Fri)~10(sun) 
ならまち 風の栖 庭小屋にて(前回と同じ場所です)
「世界にひとつの定番服」
*今回はフルオーダーの受付は休止しております。

*サイズ変更、布変更のオーダーは会期中お受けいたします。

 

グアテマラの織物


個展dmの服に使用している生地は
グアテマラの織物(ウィピル)で、刺繍のようにみえますが刺繍ではなく、縫取り織と呼ばれる技法で織られたものです。

今回は希少性のたかいグアテマラの織物をアクセントに、
それでいながら、定番の形をベースにデザインしたシリーズになります。
日本では余りお目にかかれない生地なので、またぜひ近くでご覧くださいませ。(^-^)

2016 草和花工房個展 ご案内




こんにちは!
個展のご案内です。

4/8(Fri)~10(sun) 
ならまち 風の栖 庭小屋にて(前回と同じ場所です)
「世界にひとつの定番服」
*今回はフルオーダーの受付は休止しております。

*サイズ変更、布変更のオーダーは会期中お受けいたします。

です。!(^^)!


今回は、とても希少性の高いグアテマラの織物を使ってデザインしたシリーズです。
(DMで目立っている刺繍のようにみえる織物がグアテマラの織物です)
布好きの代表Sowakaは、
魅力的な布との出会いを大切に、それをいかに料理(仕立てる)か、と布と服のことばかり考えてますが、
そうすると、
ふとおもしろい布とのご縁をつないでいただけることがありまして。

前回個展時に、来ていただいたお客様が、
グアテマラの布とのご縁をつないでくださいました。

グアテマラの織物はウィピルと呼ばれています。
日本ではあまりお目にかかれない・・・
私が知らなかったんでしょうか?
いや、日本では布としても、とても希少ですし
さらにきちんと服になっているものはさらにかなり希少です。

そんなわけで、
どうぞお楽しみに。

では、
次回はそのグアテマラの織物についての説明を少ししたいです。(たぶん・・・)( o )



 

本年もよろしくお願いいたします!

大変遅ればせながら本年もよろしくお願いいたします!
今年は新年4日から制作を始めており、
本日は仕入れに向かっております。

息子が可愛すぎで、心を鬼にしないと仕事がはがどりません…


2016 4/8~4/10 奈良町風のすみか個展        
出産後、初めて奈良にいきますので、
久しぶりの皆様にお目にかかる日を楽しみに制作中です!

お洋服その後

たまたまふらっと伺った先で、
私自身も忘れていたくらい以前にお作りしたもんぺを見せていただきました。

色は濃紺だったものが、水色になり、
二つあったポケットをひとつ取って、ひざの補修に使ったといってセンス良くひざ当てをつけてくださっていました。

どれくらい、使っていただいたのか、、、
本当に、物作り冥利につきました、うれしかった〜〜!

子育て中でもあり、物作りは続けていますが、思い通りに進めることはできないことが多く、
(ありがたいことではあるのですが)どうしていこうと思っていた矢先のことだったのです。

その、数年前のもんぺをつくったとき、妥協なく、真剣にやっていた自分を思い出して、
昔の自分に勇気をもらいましたし、
服をつくって、ちょっと迷った時は、いつも草和花工房の服を買ってくださったお客様の存在にいつも前を向かせていただいてきたなぁ〜。と、またありがたく思うのでした。

至らないことは数多くあり、少しペースもゆっくりではありますが、
「なんか毎日きてしまうんよね〜っ」という服をつくっていきたいと思いました。